西施(せいし)とは? 中国古代四大美女の元祖・西施の数奇な運命。

中国の四大美女

中国の四大美女の一人、西施(せいし)のことについてまとめてみました。

紀元前5世紀の中国、「呉」、「越」という二大国家が拮抗(きっこう)していた春秋時代に登場した絶世の美女、それが西施(せいし)です。

呉・越という国名は日本では「呉越同舟(※1)」という言葉でも馴染みがありますね。

西施(せいし)は、中国古代四大美女の元祖

当時越の王だった「句践(こうせん)」が呉の王「夫差(ふさ)」の力を骨抜きにするために越の田舎の薪取りの娘で美人だと評判の西施を見出し家臣で参謀の范蠡(はんれい)に西施を貴婦人に仕立て上げる役を命じたそうです。

これが最初の美人献上と言われていて、発案者は范蠡です。

西施の生い立ちと波乱の人生~范蠡(はんれい)の企み

范蠡は徹底的に敵である夫差の好みの容姿・仕草・色香(いろか)を研究し、徹底的に西施に叩き込みます。

その後、西施を呉王夫差の元へ忠義の証と偽り献上します。

いわゆる美人スパイの走りですね。

思惑通り、呉王夫差は西施にゾッコンになり寵愛します。

ある日、夫差が呉の地方へ会合で西施を連れて出向いた留守中の首都を越王句践が急襲しますが、街を破壊しただけで引き上げました。

首都に戻った西施が壊滅した宮殿を見て「あぁ、私たちの宮殿がなくなってしまいました。楽しかったあの頃の暮らしはもうできないのね」と胸に手をおいて嘆きました。

この時の西施の容姿が「西施捧心(せいしほうしん)」という諺として残ってます。

この西施の仕草に感動した夫差は、宮殿の修復作業を再優先させた結果、国家財政が困窮し越に対抗できなくなり滅んでいくことになりました。


越王の特命を果たした西施のその後は、諸説あります。

一説には「呉を滅ぼすほどの西施の美貌は、越にとっても災いのもと」として、越王句践の夫人が西施を生きたまま皮袋に入れて長江へ投げた。

と言われてますが、美女献上の発案者でもあり世話役だった范蠡とともに越を脱出し商人となった范蠡がその後大富豪となり幸せに余生を暮らした。という説もあります。

できれば後者であって欲しいようなお話しですね。

(※1)呉越同舟(ごえつどうしゅう)

仲の悪い者同士が同じ場所に居合わせるという意味ですが本来は、敵同士でも災難時に利害が一致すれば助け合うことがある、という意味です。

この春秋時代、呉・越は38年の永きに渡って戦うほど敵対していたことを揶揄して「もし両国の人間が同じ船に乗り合わせ、暴風雨に見舞われて転覆しそうになっていれば、呉も越も互いの遺恨を忘れ、互いに協力しあって助け合ったにちがいないだろう」と詠まれた喩え話に由来します。
(『孫子』第十一篇「九地」より)

タイトルとURLをコピーしました